試用期間の有無と長さ

試用期間を注意して利用しよう

ホームページや自社のサイトを運用する時に便利なのがレンタルサーバーですが、多くの企業でレンタルサーバーサービスを提供しているのでどれがよいか迷う可能性もあります。そこで利用したいのが無料の試用期間です。レンタルサーバーの試用期間を経てどのサービスを利用するかを決めるのが理想ですが、全てのサービスで試用期間を定めているとは限らないので注意が必要です。また、試用中であっても利用する内容やサービスによっては試用期間の適用範囲外となり追徴金を取られる可能性もあるので、試用する際には内容をよく確認してから利用しましょう。また、無料でないにしても期間限定で通常の価格よりも安く使用できるなどサービスによって様々です。

どのくらい試用できるか

サービスによって試用期間が違いますが、十分検証できる時間があるものを選ぶと良いでしょう。試用期間であっても使い方によっては期間が変更になることやサービスを提供する側の都合により変更になる可能性もあるので、信用のあるところかなどきちんと確認してから試用するようにしましょう。なお基本的には試用期間の長さを延長することは出来ないので限られた中で自身の行いたいことが出来るかなどを検証する必要があります。国内からアクセスするにあたって安定した運用が出来るかや、サーバーが海外にある場合はその国の法律に触れないように掲載するコンテンツを吟味する必要もあり、使用期間の間でそうした点をよく確認しておきましょう。