データバックアップ体制はあるか?

レンタルサーバーは安全に使えるかが重要

サーバーを借りてホームページを作りたいときにはレンタルサーバーが使えます。日本にはレンタルサーバーが数多くありますが選定するときに重要になるのは安全性と言えるでしょう。サービスの1つにバックアップが用意されているのならトラブルが起きたときも安心です。
一般的にレンタルサーバーではRAID1と呼ばれるものを採用、これは複数のハードディスクを組み合わせて1つのドライブを構成しているのが特徴となっています。アクセス処理工場やデータの安全性を考慮した仕様で高速化や耐障害性の向上をできるのがメリットです。
安全性を考えるならバックアップが毎日自動で行われるサービスが良いでしょう。また過去7日分が保持される使用をしたサーバーもあります。RAIDは数字が多くなる毎にデータ破損の防止ができる仕組みです。数字の大きなRAIDを選ぶのが理想的といえます。

格安のレンタルサーバーでも採用

高いサーバーだと品質の優れたバックアップ体制を提供してくれるのが特徴です。安価なサーバーでもバックアップは整っているので予算に合わせて利用するのが良いでしょう。自動バックアップは標準装備されているので安心です。
もしもの時も安心で復元をするときは無料対応してくれます。バックアップ数はプランがいくつか用意されいますが大概共通で7日間までです。7日間以前のバックアップは問い合わせをすると対応してくれるサービスもあるのでチェックしておきましょう。
実際にどこまでバックアップしてくれるのかというと/Home以下の全ファイルや作成済みのデータベース、受信メールも対応します。機能は高いサーバーと殆ど変わらないので安心です。